チャレンジタッチとスマイルゼミを小5と小1が受講して比較!おすすめはどちら?

小学校の補習目的で人気のタブレット教材は、チャレンジタッチとスマイルゼミ。

初めてタブレット教材を購入しようというご家庭では、どちらにすればよいか迷います。

「子どもはチャレンジタッチとスマイルゼミのどちらを受講したいの?」
「より勉強になるのはどちら?
「専用タブレットはどちらが使いやいの?」
「チャレンジタッチとスマイルゼミに向く子どものタイプは?」

様々な疑問をお持ちだと思います。

わが家は迷った末に、小5の長男と小1の次男に両方、受講させてみました。

感想を聞くと、驚きの結果に!

この記事では、以下の点について解説します。

  • 長男と次男はチャレンジタッチとスマイルゼミのどちらを受講したい?
  • 勉強になるのは?タブレットを操作しやすいのは?等の生口コミ
  • 料金・退会費用の比較
  • お得なお試し方法
  • スマイルゼミとチャレンジタッチが向く子どものタイプは?
進研ゼミ チャレンジタッチ スマイルゼミ

>>進研ゼミの公式HPで
無料で資料請求

>>スマイルゼミの公式HPで
無料で資料請求

チャレンジタッチとスマイルゼミを受講した小5と小1が比較した口コミ

小5の長男は、今年1月にスマイルゼミを、4月から5月までチャレンジタッチを受講しました。

また、小1の次男は、3月からスマイルゼミを受講中で、4月から比較のためにチャレンジタッチを受講しています。

その上で、次の5つの質問をしました。

  • 質問1 今後も受講するのならどちらを受講したい?
  • 質問2 勉強になるのはどちら?
  • 質問3 問題が難しいのはどちら?
  • 質問4 解説が分かりやすいのはどちら?
  • 質問5 タブレットを操作しやすいのはどちら?

結果は次の通りです。

質問1 今後も受講するのならどちらを受講したい?

  • 小5 長男 チャレンジタッチ
  • 小1 次男 チャレンジタッチ

質問2 勉強になるのはどちら?

  • 小5 長男 チャレンジタッチ
  • 小1 次男 チャレンジタッチ

質問3 問題が難しいのはどちら?

  • 小5 長男 チャレンジタッチ
  • 小1 次男 チャレンジタッチ

質問4 解説が分かりやすいのはどちら?

  • 小5 長男 チャレンジタッチ
  • 小1 次男 チャレンジタッチ

質問5 タブレットを操作しやすいのはどちら?

  • 小5 長男 どちらも操作しにくい
  • 小1 次男 スマイルゼミ

結果はチャレンジタッチの圧勝!

これほど差が付くとは予想しませんでした。

ぱぱきりん

5年生の長男は、読書好きで好奇心旺盛な性格。

1年生の次男は、運動大好きで慎重派。

学年も性格も違うので、評価が分かれると思っていました。

以下では、子ども達の回答や理由を詳しく見てみましょう。

質問1:今後、受講するならどちらを受講したい?

今後、どちらか1つを受講するとしたら、どちらが良いか質問しました。

二人の子どもの答えと理由は、次の通りです。

  • 長男「迷うけれど、チャレンジタッチ! 電子図書館がいい。
  • 次男「チャレンジタッチ! 努力賞でモノがもらえるから。」

チャレンジタッチには電子図書館がある

長男の言う電子図書館とは、「電子図書館まなびライブラリーhttps://benesse.jp/zemi/library/)」のこと。

小・中・高校生向けの電子図書館で、チャレンジタッチを受講すると、約1000冊の本と約20本の動画が追加受講費無しで見放題のサービスです。

蔵書は、まんが日本の歴史から小説、図鑑、新書と様々です。

女子向けの本も有ります。

2020年3月に、コロナ禍で学校に行けなくなった子どものために、期間限定で一般開放されたことをご記憶の方もいらっしゃると思います。

長男は、親が上巻しか買っていない「モンテクリスト伯」の続きを読んだりして楽しんでいます。

スマイルゼミでも日本の歴史などは読めますが、蔵書の規模が圧倒的に小さいです。

チャレンジタッチは努力賞ポイントでプレゼントがもらえる

次男の言う「モノ」とは、問題を解いて「努力賞ポイント」をためると、ごほうびにもらえるプレゼントのこと。

努力賞ポイントは、「赤ペン先生」の問題や「実力診断テスト」の提出でもらえます。

プレゼントは、ポイントごとに違います。一番最初の16ポイントのプレゼントは、例えば、ペンセットが用意されています。

24ポイントではすみっコぐらしのレターセットなども有りました。

最高の240ポイントでは、例えば、スティック型MP3プレーヤーがあります。

次男「24ポイントのスパイグラスが欲しい」

と、さかんに言っていました。

モノは低学年の子どもには魅力的なようです。

(注:努力賞プレゼントは時期によって変わります。)

スマイルゼミのインセンティブはゲームと着せ替えのアバター

一方、スマイルゼミは電子図書館やモノのプレゼントのサービスはありません。

子どもの勉強する意欲を刺激するのは「ごほうびゲーム」や着せ替えのアバターになります。

以上、最も重要な「どちらを受講したいか」という質問は、チャレンジタッチの充実したサービスが決め手になりました。

長男と次男は、予想外に、スマイルゼミのごほうびゲームを評価しませんでした。

ぱぱきりん

質問2:勉強になるのはどちら?

勉強になるかどうか、という問いは小学生には難しいので、

「知識が増えたり、新しい考え方を知ってなるほどと思ったのはどちら?」

と質問しました。

二人の答えと理由は、

  • 長男「チャレンジタッチ!挑戦コースの問題が勉強になる。」
  • 次男「チャレンジタッチ!理由は、なんとなく。赤ペン先生とか、じつ力アップレッスンとか。」

長男はチャレンジタッチの挑戦コースを評価

長男に、なぜチャレンジタッチの方が勉強になると思うのかを尋ねると、

長男「チャレンジタッチの挑戦コースは、算数の応用問題で考え方を勉強したり、国語で新しい言葉を習ったり、勉強になる」

と言います。

挑戦コースを選ぶと、メインレッスンに加えて応用の「挑戦レッスン」を解きます。

応用問題にも丁寧な解説がついているので勉強になるそうです。

子どもは「分かる」と、「勉強になる」と感じるようです。

ぱぱきりん

国語は、学校の教科書にない文章も出題され、語いを増やすための問題もあります。

長男によれば、

長男「挑戦コースは内容が良い」

そうです。

長男は進学塾のSAPIXに通っているので、SAPIXの問題や先生の解説を基準に評価しているようです。

ちなみに、長男が4月にチャレンジタッチの挑戦コースを受講した詳しい内容は、次の記事で紹介しています。

チャレンジタッチ挑戦コースの口コミ|中学受験を考える小学5年が体験

次男はチャレンジタッチの課題の多彩さを評価

次男は、新1年生さんなので、まだきちんと説明は出来ません。

いろいろと尋ねてみると、次男は、通常の問題に加え、「赤ペン先生」の課題を出したりと、教材が多彩なことを評価しているようです。

チャレンジタッチの1年生の毎月の講座はの流れは次の通りです。

メインレッスン

赤ペン先生の課題

じつ力アップレッスン

思考トレーニング

次男は、この流れの中で、いろいろなことを教わると感じているそうです。

進研ゼミの人が次男の話を聞いたら喜びそうです。

ぱぱきりん

スマイルゼミにも応用を学ぶ発展クラスがあるが、、、

スマイルゼミにも発展クラスがあります。

学習量は標準クラスの1.5倍になり、応用問題が増えます。

タブレットの自動解説では説明できず、動画で説明するレベルの応用問題も有ります。

しかし、長男によると、

長男「スマイルゼミの発展クラスは、チャレンジタッチの挑戦コースよりも少しやさしい」

そうです。

スマイルゼミは学習が単調になりがち

また、スマイルゼミはすべてタブレット上の自動解説や動画で完結し、「赤ペン先生」のように人が関与しません。

これはIT技術力の高さの証と言えますが、一方で、学習が単調になってしまいます

親としては、子どもがそのうち飽きてしまうのではないか、という不安を感じます。

子どもの飽きやすさの比較は、近日中に公開の大人目線でのチャレンジタッチとスマイルゼミの比較記事で解説しようと思います。

世間一般の口コミでも、スマイルゼミに方が、子どもが飽きやすいようです。

ぱぱきりん

質問3:問題が難しいのはどちら?

問題の難易度について尋ねると、次の答えが返ってきました。

  • 長男「チャレンジタッチ。挑戦コースが少し難しい。」
  • 次男「チャレンジタッチ。じつ力アップレッスンが難しい。」

チャレンジタッチの挑戦コースの方が少し難しい

長男はチャンレンジタッチの挑戦コースとスマイルゼミの発展クラスを比べると、

長男「うーん、少しの差だけど、チャレンジタッチの方が難易度が高い」

と言います。

チャレンジタッチでは、挑戦コースを選ぶと、毎月の学科の中で、基礎のメインレッスンの次に、応用問題の挑戦レッスンに取り組みます。

挑戦レッスンはメインレッスンの解説を引き継ぎながら、より複雑な問題が出題されます。

親が横から見ていても、出題の流れや問題の構成が良く練られていると感じます。

ただ、長男が通う進学塾のSAPIXの問題と比べてどうかと尋ねると、

長男「挑戦レッスンでも、SAPIXよりもずっとやさしい」

と言います。

挑戦コースの難易度は、学校の授業を上回るレベルになっています。

でも、中学受験用の塾と比べると、やさしいレベルに抑えられています。

小1の次男は応用の「じつ力アップレッスン」が難しい

チャレンジタッチでは、1年生でも、応用問題が多く出題されます

4月の教材では、基礎のメインレッスンが13講座+赤ペン先生の課題。

さらに、じつ力アップレッスンでは、演習問題が7講座、応用問題が7講座。

応用問題の内、2講座は、思考力を問う問題です。

次男「じつ力アップレッスンになると少し難しい。思考トレーニングは考えないといけない。」

と言います。

次男はめんどくさがりながらも、思考トレーニングに取り組んでいます。

ぱぱきりん

スマイルゼミでは急に難しい問題が出題される

スマイルゼミでも、有料の「発展クラス」を選べば、学校の授業よりも高いレベルの問題が出題されます。

例えば算数では、上の写真のように、動画でしか解説が出来ないような問題も出されます。

この問題には、「え?それをタブレットで解かせるの?」と驚かされました。

ぱぱきりん

スマイルゼミの発展クラスは、急に難問が出されるなど、課題の難易度がスムーズにレベルアップしていかない印象です。

このような感想も含めて、長男が1月にスマイルゼミの発展クラスを受講した詳細は、以下の記事で紹介しています。

スマイルゼミ発展クラスの感想|中学受験を考える小学4年生が体験、口コミを紹介!

スマイルゼミの1年生の発展クラスは少しやさしい

スマイルゼミの1年生のカリキュラムでは、4月は標準クラスが11講座、応用問題の発展クラスは5講座です。

次男「スマイルゼミの『発展クラス』はやさしい」

そうです。

親の印象では、次男はスマイルゼミをやっていて、問題の意図が分からないことがしばしばあります

問題の趣旨を教えると、次男は

次男「かんたんじゃん!」

と言ってスラスラと解いています。

1年生がスマイルゼミを勉強する際には、親が横についている必要があると思います。

質問4:解説が分かりやすいのはどちら?

解説の分かりやすさを尋ねると、

  • 長男「チャレンジタッチ。問題の最初にある人物やキャラクターの解説が参考になる」
  • 次男「チャレンジタッチ。キャラクターの説明があるから。」

と、ほぼ同じ答えが返ってきました。

チャレンジタッチは、問題の冒頭で、キャラクターが丁寧に解き方や考え方を解説してくれます。

子ども達はこの解説が分かりやすいと高く評価しています

チャレンジタッチの算数の解説はとにかく分かりやすい!

チャレンジタッチの解説の分かりやすいことは、特に、算数で感じます

問題の冒頭でアニメの人物やキャラクターが、解き方を分かりやすく解説し、それを学んでから演習してゆきます。

解説も大変整理されていて分かりやすく、要所要所に、「ひらめきスイッチ」など、子どもの注意を促す工夫がされています。

流れに沿って学んでゆけば、問題を解く上で重要なポイントが無理なく理解できるようになっています。

チャレンジタッチでは1年生から算数の大切な考え方を教わる

1年生の算数でも、例えば、問題の解き方の「7つ道具」として、「規則性」を見つけることを教わります。

この「7つ道具」という演出により、大切なことがらが子どもの印象に残りやすくなります。

また、「規則性」は算数・数学の勉強にはとても大切な考え方です。

1年生から「規則性に注目しよう!」と教える姿勢は素晴らしいと思います。

とても良い教え方です。

ぱぱきりん

赤ペン先生にも大切な役割がある

また、チャレンジタッチは、メインレッスンが終わると「赤ペン先生」に課題を提出します。

私は最初、「タブレットでも赤ペン先生があるの?」と笑ってしまいました。

私が大学時代の赤ペン先生のアルバイトは、給料が安いことで有名でした。

ぱぱきりん

でも、赤ペン先生は、学習の流れの中で、大切な役割を担っています

例えば、5年生の挑戦コースの勉強の流れは次の通りです。

基礎

簡単な応用問題


赤ペン先生

少し難しい応用問題

模擬テスト

追加の練習問題

解き直し

赤ペン先生が基礎のポイントを再確認する課題を出してコメントすることで、基礎と難しい応用の橋渡し役を担っています。

教材の展開が、子どもの理解が深まり、知識が定着するようによく工夫されていると感心します。

スマイルゼミはハイテク問題集

一方、スマイルゼミの算数の問題は、学校で配られるプリント教材が、楽しいゲームのような問題に変身して、タブレットで配信される印象です。

当然、やれば勉強になりますが、バラバラと問題が出されて、流れや統一感を感じません

スマイルゼミは、生徒の実力に応じてAI(人工知能)が毎日の出題を変えることがウリです。

でも、その結果、問題が一つ一つで完結しなければならず、問題と問題がブツブツと切れているような、バラバラに出題される印象があります。

小学校の補習目的の教材に、AIによる出題がどれほど役に立つのか疑問です。

ぱぱきりん

また、チャレンジタッチにある「ひらめきスイッチ」や「7つ道具」などの子どもの理解を深めるための工夫は、スマイルゼミにはありません。

解説の分かりやすさでは、チャレンジタッチが断然優れていると思います。

質問5:タブレットを操作しやすいのはどちら?

専用タブレットの扱いやすさについても尋ねました。

  • 長男「どちらも操作しにくい。紙の方がいい。」
  • 次男「スマイルゼミ。チャレンジタッチはザラザラして書きにくい。」

タブレットの操作性は、どちらかというとスマイルゼミが優勢です。

要因は、表面の質感です。

スマイルゼミの専用タブレットは高性能で手をついて書ける

スマイルゼミのタブレットは、表面がツルツルしています。

下の写真のように、画面に空の雲が映ります。

スマイルゼミのタブレットは、専用のペン(デジタイザーペン)からの磁気を読み取って、ペン先の接触部分を感知する高機能タブレット。

ペン先の位置を感知できるので、他の部分に手が触れていても文字を書くことが出来ます。

手をついて字を書けるので、漢字の練習や筆算がやりやすくなります

画面は固くガラスのようで、デジタイザーペンで書くと、紙にボールペンで書くよりもツルツル滑る感じがします。

チャレンジタッチの専用タブレットは手をついて書けない

一方、チャレンジタッチのタブレットの画面は、感圧式。

表面はザラザラしていて、表面のフィルムに少し浮いた感じがします。

下の写真のように、空は映りません。

ペンは単純なプラスチック製です。

ペンに押されて表面のシートと下の基盤がくっつくと、ペンの位置を認識します。

でも、表面に2か所、同時に圧力が加わると、どちらがペンか認識できないので、手をついて書くことが出来ません。

次男に言わせると、

次男「チャレンジタッチよりもスマイルゼミのタブレットの方がペンで書きやすい」

そうです。

だたし、そう言いながらも、チャレンジタッチをペンで楽しそうに学んでいます。

一方、長男に言わせると、

長男「どちらも書きにくい。紙と鉛筆の方がずっと書きやすい。」

長男によれば「ひきわけ」です。

小5と小1のおすすめはチャレンジタッチ

以上が、小学5年の長男と、小学1年の次男が、スマイルゼミとチャレンジタッチを比較した口コミでした。

結果は、チャレンジタッチの圧勝

横で見ている私も、子ども達の意見に同感です。

チャレンジタッチとスマイルゼミの料金と退会時の費用

チャレンジタッチとスマイルゼミは、料金体系も全く違います。

チャレンジタッチはシンプル、スマイルゼミは少し複雑です。

チャレンジタッチの料金体系はシンプル

チャレンジタッチは応用問題の挑戦コースも英語の専科のチャレンジイングリッシュも無料なので、料金体系はとてもシンプルで分かりやすいです。

以下の料金は、12カ月一括払いの場合です。

12か月一括(税込み)
新1年生 37,560円(月2,980円)
1年生 37,560円(月2,980円)
2年生 42,600円(月2,980円)
3年生 51,090円(月3,740円)
4年生 61,170円(月4,430円)
5年生 67,530円(月5,320円)
6年生 77,160円(月5,730円)

この料金で電子図書館が利用出来て、ごほうびのプレゼントももらえるので、とてもお得感があります

専用タブレットの費用

専用タブレットの「チャレンジタッチ」は、「初回特別優待」で無料で入手できるという形になっています。

ただし、無料なのは、6カ月以上、継続で受講する場合。

6カ月未満での退会や、紙ベースの小学講座に変える場合には、タブレット代9,900円(税込)が請求されます。

チャレンジタッチの退会時の費用

チャレンジタッチを途中で退会すると、受講料とタブレット代金の2つの費用が発生します。

受講料は、12カ月一括払いであっても、12カ月未満の退会であれば、6カ月一括払いや毎月払いの料金が適用されます。

また、専用タブレット代金は、上記のように、6カ月未満の退会の場合には9,900円(税込み)が請求されます。

詳細は、公式HPの「『退会手続き・退会時の返金』内のFAQ」で説明されています。(https://faq.benesse.co.jp/category/show/175?site_domain=sho)

チャレンジタッチは退会時の費用も分かりやすいです。

ぱぱきりん

スマイルゼミの料金体系は複雑

一方、スマイルゼミは、オプションの料金がそれぞれ決められているので料金体系が複雑です。

標準クラスと発展クラスの2コースと、英語プレミアムの3つのオプションを考慮すると、6通りの料金が存在します。

標準クラスの料金は以下の表になります。

標準クラス、12か月一括(税込み)
英語プレミアム無し 英語プレミアム有り
HOP/STEP 英検
1年生 39,336円
月3,278円
48,312円
月4,026円
78,672円
月6,556円
2年生 42,240円
月3,520円
51,216円
月4,268円
81,576円
月6,798円
3年生 50,160円
月4,180円
59,136円
月4,928円
89,496円
月7,458円
4年生 58,080円
月4,840円
67,056円
月5,588円
97,416円
月8,118円
5年生 68,640円
月5,720円
77,616円
月6,468円
107,976円
月8,998円
6年生 75,240円
月6,270円
84,216円
月7,018円
114,576円
月9,548円

発展クラスの料金は以下の通りです。

発展クラス、12か月一括(税込み)
英語プレミアム無し 英語プレミアム有り
HOP/STEP 英検
1年生 45,936円
月3,828円
49,920円
月4,160円
85,272円
月7,106円
2年生 52,800円
月4,400円
61,776円
月5,148円
92,136円
月7,678円
3年生 62,040円
月5,170円
71,016円
月5,918円
101,376円
月8,448円
4年生 64,560円
月5,830円
78,936円
月6,578円
109,296円
月9,108円
5年生 80,520円
月6,710円
89496円
月7,458円
119,856円
月9,988円
6年生 87,120円
月7,260円
96,096円
月8,008円
126,456円
月10,538円
発展クラスで英語プレミアムも付けると、結構、高い値段になるので、決して割安な教材ではありません。

ぱぱきりん

スマイルタブレットの費用

タブレットは、「スマイルタブレット」という専用のタブレットのみを使用します。

スマイルタブレットの代金は、10,978円(税込)です。

課金開始月に一括で支払う他、「月々1,078円(税込)×12回払い」の分割払いも選べます。

これに加え、6か月以上、12か月未満で退会する場合は7,678円(税込み)、6か月未満で退会する場合は32,802円(税込)が請求されます。

スマイルゼミの退会時の費用

退会時には、受講した期間の受講料と、専用タブレット代金の2つの費用が発生します。

受講料は、12カ月一括払いであっても、12カ月未満の退会であれば、6カ月一括払いや毎月払いの料金が適用されます。

専用タブレット代金の返金は、例えば、一括払いで購入した場合で、6カ月未満で退会した場合は32,802円(税込み)、6カ月以上、12カ月未満で退会した場合は、7,678円請求されます。

タブレット代金を12回払いで購入した場合は、より高い請求額になります。

詳細は、公式HPの「退会」の個所をご覧ください。(https://smile-zemi.jp/shogaku/support/change.html)

スマイルゼミは退会時の費用もやや複雑です。

ぱぱきりん

チャレンジタッチとスマイルゼミをタブレット代無料で体験する方法

ここまではチャレンジタッチとスマイルゼミの口コミや費用を説明しました。

親としては正直、両方とも体験して、教材の内容や自分の子どもとの相性を確かめたいところです。

嬉しいことに、どちらにもお得に体験できるキャンペーンが有ります。

チャレンジタッチの「進級おめでとうキャンペーン」では、タブレット代無料で解約できる

チャレンジタッチは、毎年3月から5月にかけて、「進級おめでとうキャンペーン」が実施されます。

その特典の一つは、新規入会者は、4月~5月の受講で退会し、タブレットを返送すれば、タブレット代金が無料になるというものです。

下の写真の「お祝い02」がそれです。

受講料は払うので無料お試しではありません

4月の教材で受講を止めたい場合には4月上旬、5月の教材で受講を止めたい場合は5月上旬までに退会を電話連絡します。

その後、送られてくる返送用の封筒で専用タブレットとアダプターを返送すれば、タブレット代金は無料になります。

通常、①受講は最短2カ月から、②6カ月未満の退会は、タブレット代金の9,900円を払うので、教材をお試ししやすくなります。

驚くことに、キャンペーン期間中、新1年生は、1~2カ月受講して退会しても、タブレットをタダで貰えます!

ぱぱきりん

キャンペーン期間は2カ月分の受講料だけで3カ月間も学べる

2021年は、3月からこのキャンペーンの申し込みが始まりました。

3月中にタブレットが届けば、前学年の3月の講座や春の特別講座も受講できます。

さらに、5月下旬には6月の教材が配信されるので、タブレットを返送するまでの短時間ですが、6月の教材も受講できます。

結果、3月にキャンペーンに申し込めば、4・5月の2カ月分の受講料で、3月から6月まで4カ月間の教材が勉強できます

さらに、チャレンジイングリッシュも約3カ月間、受講し放題です。

これだけの期間が有れば、子どもも親も、教材の良い点・悪い点が分かりますね。

スマイルゼミは自宅で無料お試しが出来る

スマイルゼミは、約2週間、自宅で無料お試しが出来ます。

「全額返金保証」というキャンペーンが常時、行なわれていて、一旦入会して2週間以内に退会し、後日専用タブレットを返送れば、受講料とタブレット代金が返金されます。

実際の負担は、タブレットの返送費のみです。

返送費は東京から徳島まで、1,260円(税込み)かかりました。

ぱぱきりん

いつでも申し込めるので、チャレンジタッチよりも体験しやすいキャペーンです。

スマイルゼミの無料お試しは実は約6週間できる

スマイルゼミのお試し期間は約2週間とされていますが、実は、約6週間も教材で学習できます

からくりは次の通りです。

退会は、タブレットが到着してから約2週間以内に電話連絡します。

でも、タブレットの返送期限は、退会の電話から1カ月以内です。

返送するまでは学習できるので、受講期間は約2週間のお試し+約1カ月の返送期間の、合計約6週間になります。

さらに、月の最終週にお試しのタブレットが届くように申し込めば、当月と翌月の教材と英語プレミアムを受講出来ます。

英語プレミアムを体験したい場合、体験を開始するタイミングがとても重要です。詳細は、下で紹介する参考記事をご覧ください。

ぱぱきりん

仮に、退会を申し出たものの、気が変わってスマイルゼミで学びたくなるかもしれません。

その場合は、お試しのタブレットは返送し、再度入会すれば新しい専用タブレットが送られてきて学習開始です。

チャレンジタッチのキャンペーンの時期は3月~5月に限定されています。

春からタブレット教材を受講したいご家庭では、両方お得に受講して、同じ月の教材を比較することが出来ます。

スマイルゼミの無料お試しの手順と注意点は、次の記事で紹介しています。

スマイルゼミを無料でお試し!全額返金保証の手順と注意点を紹介!

チャレンジタッチとスマイルゼミが向く子どものタイプは?

チャンレンジタッチとスマイルゼミのどちらにするか?

これまでご覧いただいたように、わが家はチャレンジタッチがおすすめです。

チャレンジタッチは失敗の可能性が低い

チャレンジタッチは、解説が分かりやすく、電子図書館やライブ授業、チャレンジイングリッシュなど、付加サービスが手厚いので、幅広い子どもに受け入れられる教材だと思います。

最初はチャレンジタッチを受講すれば、失敗の可能性が低いと思います。

仮に、受講して子どもに合わなかったとしても、チャレンジタッチはスマイルゼミよりもタブレット代金が安いので、退会の費用が少なく済みます。

退会の費用を安く抑えて、お金を次の教材に回せます。

わが家もいろいろ失敗しています。子どもの教材は、ある程度の試行錯誤は覚悟です。

ぱぱきりん

逆に、チャレンジタッチが向かない子どものタイプは?

もちろん、チャレンジタッチに向かない子供もいると思います。

例えば、次のような子どもです。

  • 学校のテストでほとんど100点を取っている
  • 四谷大塚やSAPIX、早稲田アカデミーなどの、進学塾に通っている

このような子どもには、問題がやさしすぎると思います。

別の通信教材か、塾を検討しましょう。

難易度の高い通信教材、自分のペースで高い学力を目指せる教材であれば、以下の選択肢が有ります。

  1. 進研ゼミ 考える力・プラス 中学受験講座(紙ベース)
  2. Z会の紙ベースの通信教材
  3. RISUの算数専門のタブレット教材
  4. チャレンジイングリッシュの単独受講

また、子どもがタブレットでいいかげんに回答して勉強にならないようであれば、公文など、人が面倒を見てくれる塾に変えるのも手です。

スマイルゼミが向く子どものタイプは?

それでは、スマイルゼミを選んだ方が良い子どもは、どのようなタイプの子どもでしょうか?

チャレンジタッチはキャラクターなどに少し幼さを感じます

子どもっぽいものが恥ずかしい、ドライな雰囲気の教材を好む子どもは、スマイルゼミを選んだ方が良いかもしれません。

また、スマイルゼミは漢字検定の受験を応援しています。

漢字検定を頑張りたい子どもは、スマイルゼミが向いていると言えます。

まとめ

チャレンジタッチとスマイルゼミを比較すると、わが家は、長男・次男も「チャレンジタッチ推し」でした。

私もタブレット教材は、チャレンジタッチから入れば失敗の可能性は低いと思います。

先ずは、チャレンジタッチの資料請求をして、親子で資料を見ながら、興味が持てるかどうかを話し合ってみましょう。

同時にスマイルゼミの資料も請求し、比較するのも参考になるので良いと思います。

また、この記事では紹介出来なかった、親目線から5つのポイントに絞ってチャレンジタッチとスマイルゼミを比較した結果を、次の記事に載せています。

御参考いただければ幸いです。

チャレンジタッチとスマイルゼミを小学生の親の目線で比較、5つのポイントに注目!
親の目線で見ても、チャレンジタッチの方がおすすめです。

ぱぱきりん

 

進研ゼミ チャレンジタッチ スマイルゼミ

>>進研ゼミの公式HPで
無料で資料請求

>>スマイルゼミの公式HPで
無料で資料請求

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA